スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二回高知龍馬CS使用デッキ

第二回高知龍馬CSお疲れさまでした。

予選落ちで需要がないかもしれませんが変わったデッキを使ったつもりでいるので解説しておきます。






予選2-2
ドロマー×
イメン×
イメン○
退化○

予選落ち

サブトーナメント
一回戦 不戦勝
二回戦 黒単○
3回戦 赤単×

ベスト16


試合自体の勝率は5分ですがガンスリンガーではかなり勝ちを重ねることができましたので構築は自信のいくものとなったと思います。
ただそれまで使っていた構築から前日に酒の勢いで17枚ほど変更して使用したのでプレミ、特に予選の2試合は双方同じプレミで勝ちを逃したので自分の力不足を感じました。



ロマノフを握った理由ですがロマノフという好きなカードを使用したいというのが第一で、またおそらく最大多数になるであろう黒単に対して有利に戦えると考えたので使用しました。



各カードについて解説しておきます。

バイケン
速攻を見て受けを強くする黒単が多いと思ったのでそこに刺さるカードだと思い採用しました。
デッキの特性上エマージェンシータイフーンの採用が自然であり、トリガーとしても機能を期待していました。
ガトリングと相打ちできるサイズというのも仕事ができると感じました。
採用枚数ですが、通常では採用されないカード、さらに通れば明らかに有利になる札であるためマナに置きたくない、しかし1ゲームに1枚は手札に握っておきたいと考えたため2枚です。
サブトーナメントでは黒単に対して打点+とブロッカーバウンスでトリガーの枚数を上回る打点の用意に貢献してくれました。

モルト
よく見る構築ではこの枠はマナロックや二刀流だと思うのですが私はモルトを採用しました。
理由ですがやはり2コスウエポンを使用できることによる小回りの利きやすさです。
サインによってSAとなったモルトに2コスをつけるとタップされすぐに龍回を行うことができます。
黒単を厚く見ていたためあまり刺さらないマナロック、小回りの利かない二刀流は不採用としました。

2コスの配分
アツト2シンカイ3エマジェン4となっています。
エマジェンはバイケンの投入もあり4
他はスタートを過剰にする意味も薄いので合計9にしようと5枚での調整でしたが、赤単の1コス獣を抑えられるシンカイを3としました
STデスゲからのシンカイバイケンで3体止めるということにも期待していました。

トリッパー
3コスのアクションはどうしても増やす必要があったのと
高知ということなのでイメンが一定以上いるだろうということで採用しています。


プレイングに関してのことですが2世と1世が墓地にいた場合絶対に1世を先に場に出すようにしてください。
墓地が肥えていないことを不満に思うより確実に打点を増やしジャストキルを狙ってください。


他変なカードはないと思いますが、気になることがあればtwitterで聞いていただけるとお答えできると思います。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。