スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二回高知龍馬CS使用デッキ

第二回高知龍馬CSお疲れさまでした。

予選落ちで需要がないかもしれませんが変わったデッキを使ったつもりでいるので解説しておきます。






予選2-2
ドロマー×
イメン×
イメン○
退化○

予選落ち

サブトーナメント
一回戦 不戦勝
二回戦 黒単○
3回戦 赤単×

ベスト16


試合自体の勝率は5分ですがガンスリンガーではかなり勝ちを重ねることができましたので構築は自信のいくものとなったと思います。
ただそれまで使っていた構築から前日に酒の勢いで17枚ほど変更して使用したのでプレミ、特に予選の2試合は双方同じプレミで勝ちを逃したので自分の力不足を感じました。



ロマノフを握った理由ですがロマノフという好きなカードを使用したいというのが第一で、またおそらく最大多数になるであろう黒単に対して有利に戦えると考えたので使用しました。



各カードについて解説しておきます。

バイケン
速攻を見て受けを強くする黒単が多いと思ったのでそこに刺さるカードだと思い採用しました。
デッキの特性上エマージェンシータイフーンの採用が自然であり、トリガーとしても機能を期待していました。
ガトリングと相打ちできるサイズというのも仕事ができると感じました。
採用枚数ですが、通常では採用されないカード、さらに通れば明らかに有利になる札であるためマナに置きたくない、しかし1ゲームに1枚は手札に握っておきたいと考えたため2枚です。
サブトーナメントでは黒単に対して打点+とブロッカーバウンスでトリガーの枚数を上回る打点の用意に貢献してくれました。

モルト
よく見る構築ではこの枠はマナロックや二刀流だと思うのですが私はモルトを採用しました。
理由ですがやはり2コスウエポンを使用できることによる小回りの利きやすさです。
サインによってSAとなったモルトに2コスをつけるとタップされすぐに龍回を行うことができます。
黒単を厚く見ていたためあまり刺さらないマナロック、小回りの利かない二刀流は不採用としました。

2コスの配分
アツト2シンカイ3エマジェン4となっています。
エマジェンはバイケンの投入もあり4
他はスタートを過剰にする意味も薄いので合計9にしようと5枚での調整でしたが、赤単の1コス獣を抑えられるシンカイを3としました
STデスゲからのシンカイバイケンで3体止めるということにも期待していました。

トリッパー
3コスのアクションはどうしても増やす必要があったのと
高知ということなのでイメンが一定以上いるだろうということで採用しています。


プレイングに関してのことですが2世と1世が墓地にいた場合絶対に1世を先に場に出すようにしてください。
墓地が肥えていないことを不満に思うより確実に打点を増やしジャストキルを狙ってください。


他変なカードはないと思いますが、気になることがあればtwitterで聞いていただけるとお答えできると思います。
スポンサーサイト

頭の悪いデッキ

頭の悪いデッキができました。
始めに言っておきますがこのデッキはパズルゲームが好きな人向けですし、制限時間がある大会には向きません。
カードゲームジャンキー向けの頭の悪いデッキです。


『サイクリゆるープ』
4 x フェアリー・ライフ
1 x セブンス・タワー
1 x 再誕の社
2 x 無双竜鬼ミツルギブースト
2 x 不知火グレンマル
2 x フェアリー・シャワー
1 x ノーブル・エンフォーサー
1 x 蒼狼の始祖アマテラス
4 x ドンドン吸い込むナウ
3 x 龍素記号Sr スペルサイクリカ
2 x サイバー・N・ワールド
1 x ボルバルザーク・エクス
1 x 逆転のオーロラ
3 x 焦土と開拓の天変
2 x 超次元グリーンレッド・ホール
3 x マナ・クライシス
1 x フォース・アゲイン
2 x パクリオ
4 x 霞み妖精ジャスミン
3 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
2 x 激相撲!ツッパリキシ/絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン
1 x サンダー・ティーガー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x ブーストグレンオー/激竜王ガイアール・オウドラゴン
1 x 時空の花カイマン/華獣の覚醒者アリゲーター


ランデスサイクリカを基軸にフィニッシュ手段を模索し、何があっても勝てるLOを目指すものとして作成しました。
ループ内容ですが
場:サイクリカ、エクス、N、パクリオ
手札:フォースアゲイン、吸い込む
山札4枚以下(最終的には2、3枚)

の状況で
1.サイクリカにアゲインを撃ってボトムへ
2.吸い込むでボトムのサイクリカを手札へ
3.サイクリカを召喚しエクスをアゲイン
4.Nをアゲイン

デッキ内容が吸い込む×4、緑×2、フォースアゲイン+@だとこの動きがN後に確定でできるため無限ループとなります。
あとは山札に緑が残っている状態で吸い込むでサイクリカを戻しアゲインを省略しパクリオに撃てば相手はLOします。


アゲインを使用している理由ですが再利用する際に最も利用しやすそうなスパゲと比較すると、
アゲインの場合4+4+4+4+7+4=27
スパゲの場合2+6+4+2+7+7=28
とスパゲでループする場合は1マナ余分に必要であり、デッキに8枚のカードを残した場合フィニッシュの際場に4枚のカードが並ぶとするとどうしてもスパゲの場合、場に出したエンフォ―サーを処理できずフィニッシュに入ることができません。
ループ自体は山札が7枚でもできるのですが余裕が0では話になりません。

回し方が分かると遊戯王で言う全盛期のドグマブレードのような相手を無視した一方的な制圧が安定してできるうえ、ランデスサイクリカという強いデッキの上に胡坐をかいたデッキとなっているため覚悟がある人は回してみてください。

黒刃鬼

満Qで使ってた黒刃鬼です。

『黒刃鬼』

1 x 霞み妖精ジャスミン
1 x 光牙忍ハヤブサマル
1 x 蒼狼の始祖アマテラス
2 x サイバー・N・ワールド
1 x ボルバルザーク・エクス
2 x 永遠のリュウセイ・カイザー
2 x 勝利宣言 鬼丸「覇」
2 x 「智」の頂 レディオ・ローゼス
4 x フェアリー・ライフ
1 x セブンス・タワー
4 x ドンドン吸い込むナウ
1 x 温泉 湯あたり地獄
1 x ノーブル・エンフォーサー
1 x フォーチュン・スロット
3 x ピクシー・ライフ
2 x ガチンコ・ルーレット
2 x 「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」
4 x 希望の親衛隊ファンク
2 x 腐敗無頼トリプルマウス
1 x 偽りの王 ヴィルヘルム
1 x 威牙の幻ハンゾウ
1 x 再誕の社

3 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 時空の封殺ディアスZ/殲滅の覚醒者ディアボロスZ
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン


テンプレ黒刃鬼。やっぱファンクが強すぎるのでどうしてもΘを使う気になれない。
ヴィルヘルム1なのは持ってないから…ほかの大型獣より優先される場面無いよねってことで1
まぁ、アマテラスで社撃った時に強いけどピンを頑張って握ってこそ真のデュエリストということでFA

次元は重要なのでこれで固定です。変えてはいけません。


それではまた逢う日まで~ノシ

赤次元

何故か勝てているので晒します

『赤型次元』
赤型次元
1 x 光牙忍ハヤブサマル
3 x 自爆屋ギル・メイワク
1 x 超次元ボルシャック・ホール
4 x パクリオ
4 x エナジー・ライト
3 x 超次元エナジー・ホール
1 x スパイラル・ゲート
2 x 陰謀と計略の手
4 x ゴースト・タッチ
3 x 特攻人形ジェニー
3 x 超次元リバイヴ・ホール
2 x 希望の親衛隊ファンク
2 x 魔天降臨
2 x 超次元ミカド・ホール
2 x 魔光騎聖ブラッディ・シャドウ
3 x 穿神兵ジェットドリル

1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック
1 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 時空の封殺ディアスZ/殲滅の覚醒者ディアボロスZ
1 x 超時空ストームG・XX/超覚醒ラスト・ストームXX



イエスに勝てれば最強のハンデスコンをイエスに勝つためだけに調整したもの
最強カードの墳墓が入ってない時点でだめ


真似しても勝てる保証はしない


それではまた逢う日まで~ノシ

デュエマで勝ちたい?獰猛コンかゼニスでも使ってろ

また放置してましたダメですわこれは…

まぁ真面目にデュエマの適当な更新でも、余ったカードで適当に作ったガチデッキでも紹介しますわ


ゼニスコン

ジャスミン×4
ハヤブサ×1
パクリオ×2
ミツルギブースト×2
N×2
アマテラス×1
スーパーヒーロー×1
ロマネ×1
エクス×1
エレガンス×2
フォーエバー×1
流星×1
デルフィン×1
覇×1
ローゼス×2
ウェディング×2
VAN×1

ライフ×3
セブンス×1
白緑×2
吸い込む×4
湯あたり×1
サイレント×2





…まぁ公開用ということで全然練ってない適当構築なわけですね
妥当に制限後の環境は獰猛コンかゼニスコンがトップでしょうね次点がラムダやイエス、黒緑なんかでしょう

この二つのトップの強いところはことごとくメタりにくいところでしょう
呪文主体という訳ではないのでイエスは刺さりづらいので下手したらイエスは環境から消えかねません

…そうなったらドロマー歓喜なんですけどねぇ…



構築としても他にもセブンスに代わって旋律突っ込んで速度出す型とかも面白いかもしれませんねー
そうすると無色の枚数がすごいことになるのでプレイング辛そうですけどねぇ



以下真面目に採用カードの解説

エレガンス
強力なゼニス・アンノウンの増加によってその評価が上昇したカード。出せば+1アドは確定除去を貰っても仕事する無駄のないカード兼同型メタ


単純にパワーカード。ワンチャンアレバカテルー

VAN様
Fack you.

これまた気持ち悪いぐらい強力なゼニス。適当にパック引いたら当たったから採用。
ウェディングとちがってVANどうしの出し合いにならないのはいいところ、デッキよっては積むカード


ミツルギ、ヒーロー、湯あたり
イエスメタ。特にミツルギは色々とやばい。





あとは特に気になるカードもないでしょう



ではまた逢う日まで~ノシ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。